• TOP
  • ケース別支援実績|既存事業の強化(経理)

既存事業の強化(経理)

国内外のグループ企業の会計部門を集約し、連結会計などに迅速に対応できる組織づくりと業務効率化のお手伝いをいたしました。

概要

  • 企業の規模が大きくなるに連れ、管理部門の組織化と、能力向上を図っていく必要性が出てきます。
  • 弊社は、現況を把握した上で、業務内容に適した経理組織の構築をご支援するだけでなく、重要な経営数値が簡易に把握できるような仕組みを構築するアドバイスをさせていただきます。

事例

C社 業態:プラスチックフィルムの製造業

C社は国内外に複数のグループ企業を保有する事業会社でした。経理業務は個社別に行われており、重複する業務があった一方、経理担当は個社の業務に追われ、連結会計への対応がなされていない状況でした。
我々は、グループを持株会社を親会社とする資本構成に変更する一方で、親会社に経理担当者を集約、業務の重複を省き、また、過剰なコストを外部税理士に支払っていた海外経理業務に関しては国内でこれを管理する方針に変更し、コストの削減に貢献しました。

ご支援のイメージ

ご支援のイメージ
TOPへ